妊娠線予防は体重と保湿クリーム

妊娠線予防は体重コントールが基本

妊娠線は妊婦さんなら気になるところでしょう。

 

画像や写真では見たことがあるけど、実際にどれほど妊娠線が出来るかというのは個人差がありますから、実感がわかないかもしれません。

 

もちろん、妊娠期間中に妊娠線が必ずできるものではありません。

 

出来る人と出来ない人がいるんです。

 

その違いは一概には言えませんが、大きな要因として「体重のコントール」というものが基本にあります。

 

体重コントールが出来ていないと、お腹の皮膚はどんどん膨れてしまい、酷い妊娠線が出る可能性が高くなります。

妊娠線を防ぐには急激な体重増加は避ける

赤ちゃんの成長に応じて体重が増えるのは当然です。
適度に体重が増えるにはいいのですが、極端にそして急激に増えるのは避けたいところです。

 

8kg〜10kg程度の体重増加にとどめておきたいところです。

 

ただ、体重増加といっても、どこに脂肪がついた、どこが太ったかというのは個人差がありますので、8kgとか10kgとかいうのはあくまで目安です。

 

太り過ぎないように心かげるだけでもいいと思います。

妊娠線予防のために食事はバランスよく

母子ともに健康に出産を迎えるためにも、栄養バランスのとれた食生活を送ることは大事ですが、それが結果的に妊娠線の予防にもなります。

 

特に妊娠中は鉄や葉酸など、普段より必要な栄養素もありますので、意識して食事の内容を決めるようにしたいところです。
もちろん、あまりに神経質になりすぎるとそれがストレスになってしまうので、楽しく料理が出来る環境が大事でしょうね。

 

便秘の予防のためには食物繊維も必要ですし、多くの食材を食べるように心がけたいところです。

妊娠線予防は保湿クリームを塗ることも大事

なぜ体重増加が妊娠線につながるかというと、体重が増えて、お腹の皮が伸ばされ、真皮で断裂してしまい、それが妊娠線となるわけです。
それでもお腹の皮膚に潤いがあればまだましなのですが、乾燥しきっていると、ひび割れしやすい状態だと言えます。

 

例えば妊娠線予防クリームランキングに載せているようなクリームは保湿効果が高いものが多いです。

 

その理由は簡単で、お腹の皮膚が乾燥しにくくするためですね。
もちろん、その保湿も大事なのですが、今日は体重増加と妊娠線について書いてみました。

 

妊娠線は予防しなければ出来て当然
妊娠線予防していなくても、体調管理を徹底していれば、体重が増えすぎることもなく、妊娠線もできないかもしれませんが、やはり少しでも出来ない可能性をい高める努力はしておいたほうが懸命かと思われます。