妊娠線予防クリームランキング

なぜ妊娠線予防クリームは求められてるの?

妊娠線予防に努める女性

妊娠線は一度出来ると消えません。

 

そんな話を聞いたことはありませんか?
妊娠によるものだけでなく、急激なダイエットでお腹や太ももやお尻なんかが肉割れしてると見た目も残念な感じです。
水着を着なくても、お風呂に入るたぶに、自分のお腹にくっきりと妊娠線があるとどうも悲しくなってしまいます。

 

口コミを見てると、クリームなどで出来た妊娠線が消えたというものもあるようですが、私が知る限りでは、レーザーなりかなり費用をかけないと消せないのが妊娠線だと思ってます。
だからみんな予防に力を入れるんですね。

 

妊娠が分かったら、早めに予防のことを考えるほうがいいでしょう。
お腹の膨らみがまだ目立たなくても、妊娠3ヶ月くらいから予防のために、予防クリームを毎日塗ることが大切になってきます。

妊娠線予防クリームと普通のボディクリームは何が違う?

ネットで探せばたくさんの「妊娠線予防クリーム」が見つかります。
では市販のボディクリームを塗るのとは違うのでしょうか?

  • 市販のボディクリームでも大丈夫?
  • 妊娠線予防クリームのほうが効果が高い?

そんな疑問もあるでしょう。

 

心も体も妊娠中は不安定になりがちです。
普段体に塗っていたボディクリームであっても、妊娠中だとその香りが気に入らなくなったり、痒みが出たりすることもあります。

 

市販のボディクリームとの違いは、妊娠線予防のために作られたのが「妊娠線予防クリーム」なんです。
それは、使用感、香り、保湿など様々な点で、「妊娠線を予防するために作られたクリーム」ということなんです。
市販のボディクリームでは効果がないとは言いませんが、どうせなら、その時期のために作られたクリームを使うほうが気分的にもいいのではないでしょうか。

妊娠線予防クリームランキングならコレ!

妊娠線予防クリームといえば、ここらへんはランキングで常連ですね。

 

迷った時はランキングから選んでみるのもいいと思いますよ。

 

AFCストレッチマーククリーム
AFCストレッチマーククリームランキング画像
妊娠線予防のために「めぐり」のことを考えたのがこのストレッチマーククリーム。

予防のためにお腹が膨らみ始めるころから使い始めるのがいいでしょうね。

 

でも出来てしまってても諦めずに使ってみると、元通りになるかも。
肌のケアは地道な作業だけど、香りもいいし、ベタつかないし、最初は人気のAFCのから使ってみるのがおすすめだよ。

 

送料無料だからまずは1個からでも買いやすいね♪

価格 容量 評価
2,800円(税抜) 120g 5つ星レビュー

公式サイトはこちら

詳細レポはこちら

ベルタ マザークリーム
ベルタマザークリームランキング画像
ベルタブランドというだけでワクワクしちゃいます。

成分的にも製造工場的にも安心感は高いです。

 

シラノール誘導体は他の妊娠線予防クリームではみたことない!
出産経験者のサポート付き!悩みも不安も相談しましょう♪

 

初回500円は安いよね♪

価格 容量 評価
6,980円(単品)・4,980円(定期) 120g 4つ星レビュー

公式サイトはこちら

詳細レポはこちら

妊娠線予防はクリーム?オイル?ローション?どれが一番効果があるか

妊娠線ケア商品で、売れ筋はやはり「クリーム状」のものでしょう。
しかし、オイルやローションのもあります。
一長一短なので、どれが一番効果が高いかという議論はきりがありません。

 

シャンプーでよく言われる、シリコンかノンシリコンのどちらがいいのか。
製造しているメーカーから言わせると、自分のところのが一番いいというでしょう。それも何らかの根拠があって言っているわけです。

 

つまり、妊娠線予防ケア用品でも、絶対的にこの形状のものが良いと言い切れる根拠を持っている人なんていないと思うんです。
ネットでは好きに書けますから、クリームよりオイルのほうが効果が高いなんて書いてるのを見かけますが、「保湿効果が高いから」という理由だけなら、根拠としては全然弱いでしょう。

 

妊娠線予防の形状によるメリットとデメリットはこちら

妊娠線予防は「たっぷり」「まめ」に塗るが超基本

妊娠線を予防するにあたり、先ほどのクリームかオイルかローションかで迷い、これにすると決めたら、あとは毎日塗るだけです。
その時のポイントが「たっぷり」「まめ」に塗ることが基本になります。
基本というか、絶対守ってほしい点ですね。

 

実際、安いクリームでもオイルを使ってても、妊娠線が出来なかった人もいます。
共通してるのは、かなりまめに塗っていたということです。
お風呂上りに顔に化粧品や美容液を塗るのにあわせて、顔に塗るコスメをそのまま妊娠線が出来そうな場所に塗ってたという人もいるくらいです。

 

一も二も「保湿」だということです。
あとは、体質、例えばホルモンバランスだったり、ターンオーバーの早さだったりですとか、食生活など、いろんな要因によって、何も妊娠線予防していなくても、妊娠線は出来なかったという人もいますから。

 

あまり神経質にならずに、これだと思って物を塗る。
力を入れたマッサージはする必要はありませんから。優しく伸ばしていけばいいでしょう。

妊娠線予防は一にも二にも体重管理を徹底

妊娠線予防に関しては、まず根本的な対策として、体重コントロール、つまり体重管理をすることが非常に重要です。
産婦人科でも、妊娠線予防とか関係なく、体重を管理するように言われると思います。

 

適度な運動と栄養面を考えた食生活が大事なのは、普段からもそうなのですが、やはり妊娠時はさらに気をつけないといけません。

 

体重が無闇に増えてくるということは、それだけ脂肪がついてきたということです。
お腹はもちろん、太ももやバストにも妊娠線が出来てしまう恐れがあります。

 

当然、赤ちゃん分以外にも体重増加は仕方ありませんし、あまりに神経質になるのも問題です。
体重増加を気にするあまり、必要な栄養素を摂取しないのでは本末転倒です。

 

栄養管理をしながらも、適度な運動を心ががけることが、結果的に元気な赤ちゃんを出産することにも、妊娠線予防にも繋がるとうわけですね。

妊娠線予防クリームは香りで選ぶのもあり

香りというのは、人にどのような影響を与えるのでしょうか。
香りと脳の働きなどが書かれた本もありますが、それくらい香りというのは、人間にとっていろんな影響を与えていると言ってもいいと思います。
五感の中に嗅覚も入っているくらいですからね。

 

では、妊娠線予防クリームはどういう香りがするのでしょうか。

 

AFCストレッチマーククリーム
精油アロマ(ネロリ・ビターオレンジ)の香り
ベルタマザークリーム
香りが感じにく程度の柑橘系の香り

 

妊娠中や産後に使うものですから、香りがきつくて、気分が悪くなるようでは困ります。
妊娠線クリームは私が知る限り、どれもほんのりな香りになっていますが、それほど考えなくてもいいかもしれません。
ただ、私はリラックス効果があるような香りが好きなので、やっぱり柑橘系の香りが好きかな。

妊娠線とはそもそも何?

妊娠5ヶ月頃からお腹が大きくなり始めますが、お腹が大きくなるにつれて、お腹の皮膚が伸びていき、ついには、真皮が裂けてしまうことがあります。
その際にできる断裂跡のことを「妊娠線」と呼ばれています。

妊娠線はどこにできる?

妊娠線の出来方には個人差があります。
正中線(上下の1本)だけの人もいる一方、何本も出来る人もいたり、ひび割れのように出てしまう人もいます。

 

場所としては、お腹だけでなく、バスト、ヒップ、太ももからふくらはぎ、二の腕など、あらゆるところに妊娠線がでたりします。

妊娠線が出来やすい人と出来にくい人の違いは何?

妊娠線は一度出来てしまうと完全に治すことは難しいようです。
出産後に水着になることもあるかもしれませんし、見た目からしても、妊娠線が出来ないに越したことはないでしょう。

 

では、まず知りたいのが、

  • 妊娠線が出来やすい女性
  • 妊娠線が出来にくい女性

この違いは何でしょうか?ということです。

体重増加が急激なほうが妊娠線が出来やすい

妊娠線が出来る仕組みから考えると分かることですが、やはり急激にお腹の皮が伸びれば伸びるほど、妊娠線は出来やすいということです。

 

妊娠期間中に、いかに体重をコントロールができるかが重要になってくるということです。

 

あるデータによると、体重増加が8kg以下の女性は妊娠線がほとんどできないそうです。

 

このあたりの数値には個人差があるでしょうけども、やはり適度な運動だったり、栄養面を考えた食生活を送っているかは、妊娠線に影響を与えるということですね。

潤い肌より乾燥肌のほうが妊娠線が出来やすい

顔のシワと同じことが言えるでしょう。
潤いのあるお肌のほうが、シワは出来にくいです。
逆にいつも乾燥してカサカサしてる肌の場合は、シワが出来やすいです。

 

妊娠線でも同じことが言えるのですが、肌が乾燥しているということは、ちょっとした変化、お腹が大きくなってきた、というだけでも、ひび割れしやすくなってしまいます。

 

この点に関しては、妊娠線クリームなどで、妊娠線が出来やすい部位を十分に保湿することで、発生する妊娠線を抑えやすいと思われます。